ジャスダックとクレジットカード

資産は銀行へ預けず賢く運用することがこれからは大切ですね。
クレジットカードはJCB LINDAで決まりです。

21世紀に新設された証券取引所

国内で唯一21世紀に新設された証券取引所。新興企業向けの市場であるが、他の証券取引所に開設されている新興市場とは異なり、40年以上の歴史がある。日本版NASDAQと位置付けされるが、かつてあったナスダック・ジャパン(現・ヘラクレス)とは別の市場である。
2006年7月3日に、金融庁の認可を受け、国内の証券取引所としては初めて委員会設置会社に移行。市場運営部門と自主規制部門との業務執行を分けるとともに、自主規制機能の強化および独立性を高めた。市場運営は代表執行役社長(CEO)が指揮を取り、自主規制は代表執行役会長で自主規制責任者(CRO)が業務執行を取りまとめている。会社法に基づく、指名・報酬・監査の法定3委員会の他、取締役会及び自主規制責任者(CRO)の諮問機関として「自主規制委員会」を擁しているのが特徴。自主規制委員会には、ジャスダック証券取引所の自主規制業務に係る重要事項については、原則としてすべての事項が諮問されている。
1998年12月の証券取引法の改正前は、証券取引所市場の補完的市場とされていたが、同法の改正に伴い、「店頭売買有価証券市場」として、日本証券業協会の管理監督のもと、取引所有価証券市場と並列する市場として位置付けられてきた。2004年12月3日、内閣総理大臣より、証券取引所に関する免許の交付を受け、商号を「株式会社ジャスダック」から「株式会社ジャスダック証券取引所」へと変更し、同年12月13日、同法上の「店頭売買有価証券市場」から「取引所有価証券市場」へと業態転換した。証券取引所の新規参入は、1949年の札幌証券取引所以来、実に55年ぶりのことである。これにより、それまで店頭市場では法律上認められていなかった、成行売買、先物取引、オプション取引、立会外分売などが可能となる。一方、それまで証券会社が関与していた上場審査・市場管理などは、ジャスダックが自ら行うこととなる。

JCBカードのポイント還元率

JCBカードのポイント還元率は、一般カードの場合、年間のカード利用額に応じて、次年度はUPする可能性があります。0.5%を基本ベースとして、最大0.75%まで還元率がアップしますが、JCBカード リンダは独自のポイント還元率を設定しており、使い方次第でほかのカードよりも効率よくポイントを貯めていくことができます。このクレジットカードは女性向けのクレジットカードで、美容やファッションに関するお得が、会員特典として付与されています。デザインも人気をよんでいるクレジットカードです。また、ポイント還元率と会員特典なら、ニコスカードもおすすめです。
【PR】ニコスカード VIASO